2005年02月27日

獣の爪

深夜、右のこめかみにビリッと痛みを感じて目を覚ました。居間に行きあかりをつけてこめかみを触った指を見てみると、血がついていた。アイシャがテーブルの下で僕を見あげている。ん~、アイシャ、僕の顔からジャンプしたでしょ? なぜジャンプしたのかはわからない。寝ぼけたのか。それとも僕か僕の彼女の寝返りに驚いてのことなのか。マキロンで傷をふいたりしているあいだもアイシャはずっとテーブルの下から上目づかいで僕を見ていた。まずいことしたと思ってるのかな。怒ってないよ、アイシャ。





sika_50_50 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 cat 

2005年02月26日

ARCHIE BELL&THE DRELLS/TIGHTEN UP

前歯が1本くらい抜けてんじゃないか? といつも想像してしまう。タイトゥン・アップのヴォ−カルのことだ。発明的にかっこいいベースラインに、どう考えても「悩みないだろ」な歌がのっかっている。もし悩みがあるとしたら、これはかなり悩んでいる。悩みすぎて突き抜けたんだろう。

タイトゥン・アップ
タイトゥン・アップ
posted with amazlet at 05.02.26
アーチー・ベル&ザ・ドレルズ
イーストウエスト・ジャパン (1996/12/21)
売り上げランキング: 85,687
通常3〜4日以内に発送



sika_50_50 at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Soul,R&B 

2005年02月24日

SLY&THE FAMILY STONE/FAMILY AFFAIR

スライ。僕にとってスライ・ストーンはほとんどオカルト。へんな言い方かな。なんと言うべきか。はじめてこのアルバム「暴動」を聴いたときはショックだった。高校生のとき、友だちにレコードを借りて聴いた。以来ずうっと僕の中では別格(別格がたくさんある、というのも困るが)。こんなにわかりやすく、こんなに信じ難い音楽も珍しい。何をどうしたらこんなものができあがるんだ? 何の影響でこんなふうに? さっぱりわからない。その音はどちらかといえばラフで沈んでいる。沈んでいるが緊迫している。緊迫しているが開いている。
スライがいなかったらその後のスティービー・ワンダーの爆発はあっただろうか。マイルス・デイヴィスの仕事だってかわってただろう。プリンスが現われたかどうか…。

There's a Riot Goin' On


sika_50_50 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Soul,R&B 

耳そうじ

20050116.jpg










アイシャがよく耳を掻くようになってきたので久し
ぶりにK動物病院へ。父親のアメリカン・カールから
受け継いだ曲がり耳のため、中に汚れがたまりやす
いのだ。

入り口から近い部分は時々僕の彼女が綿棒できれい
にしているけれど、奥のほうは傷つけたりするとよ
くないので病院でしてもらってる。

診察の順番がきて診察台の上でキャリーバッグの上
を開ける。体を低くしてバッグの底にへばりついて
いるアイシャを持ち上げる。出すと同時にアイシャ
は僕に登ろうとする。「はいはい、すぐ終わるから」
と言って助手のお姉さんと押さえつける。
先生がそうじしてる間ずっとアイシャは、やはり僕に
登ろうと力を入れ続けている。診察台の上にアイシャ
の肉球から出た汗がついている。耳そうじが終わって
診察台の上にキャリーバッグを乗せるとアイシャは出
来る限り体を低くしてキャリーに戻る。助手のお姉さ
んが「あ、自分で入った!」と言った。


sika_50_50 at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 cat