2010年12月10日

7th FLOORでシャロン、mmm、麓健一。

■昨晩渋谷のライヴハウス7th FLOORでmmm、麓健一、シャロン・ヴァン・エッテン(Sharon Van Etten)を観てきた。こんなに、と思うほどのお客さんの入りように驚く。やれ音楽産業が不振だとかよく耳にするけれども、どこの話か。アツいじゃないか。それで始まる前から気分がよかった。ライヴは麓健一から。ネットなどである程度知ってはいたが、観るのは初めてだった。自身ではアコギを抱え、ピアノ(細見万里子)、チェロ(ナガヤマタカオ)、エレキギター(端子)を配した4人編成で歌う。祈りのような、ストイシズム溢れる、それでいてどこかエロティックな音楽。MCのジョークさえ生真面目な印象。徹子の部屋に出演した際のマツコ・デラックスの話などから生まれたという(本当?)「ファイトソング」がよかった。

■続いてはmmm。mmmを観るのが何度目になるのかそろそろわからなくなってきた。シャロンの存在がそうさせているのか、いつになく幸せそうな表情。観ているほうも和む。「誰かいる」はシャロンみたいな曲をイメージしたのだそう。それをシャロンに聴かせるのはどういう気持ちだろうか。聴くシャロンだってそうだ。幸せな光景だ。作り物じゃないドラマ。こんな場面に居合わせてよかったと思った。「アドア」ではシャロンもステージに上がり、コーラス(!)をつけた。もともと泣ける曲だが、絹のような高音域の声が加わり織り成すハーモニーが切なさを強めた。危うく本当に泣かされるところだった。なにしろ幸福というか、特別な雰囲気だった。mmm、ビールではなく赤ワインを飲んでいた。

■シャロン・ヴァン・エッテン。素晴らしかった…。CDやPVとは、まるで違うと思った。いや、違うというと語弊があるか。でも違ったな。あの声。高音では伸びやかに舞い、低いところでは強く荒ぶる。なんていくら書いても伝わらないな。機会があったら観るしかない。とくに難しいコードを使うわけでもなく、素っ気ない程シンプルな曲も嘘みたいにソウルフルだった。ライヴ凄い。あのギター、ボディも小さく、ネックも細く見えたような…。何というモデルなんだろう。好きな「tornado」、「for you」が聴けてよかった。MCとなるとびっくりするほど可愛らしく、お茶目で、各地からメロメロの声が聞かれるのもなる程だった。というか、メロメロになりました。


(敬称略)


ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 other music 

2010年12月01日

Leroy Sibbles/Now

nawSide 1
1. Blood In The Streets
2. Singerman
3. The System
4. Be A Man
5. Situation

Side 2
1. Ain't No Love
2. Rock Me Baby
3. Baby I Need Your Loving
4. Praise Fari
5. Pure Sorrow




■何故かMicron、Generation両方の盤を持っている。どちらもよい。どちらも、というのは当たり前だ、中味一緒なんだし。Generation盤はSide 2-1「Ain't No Love」が「I've Never Found A Girl(To Love Me Like You Do)」となっているけれど、これ同じ曲。まージャケは圧倒的にMicronのがいいでしょう。異論ありますか、ないですね。

■リロイ・シブルズ、1980年1stソロ・アルバムなう。いや、「Now」だ。これの2年後になる「On Top」について書いたときも同じことを言ったが、歌えて、いいベース弾けて、男前で、ちょっとズルイよね。出来すぎ。

■いきなり重めの「Blood In The Streets」で切り出すところも好きだな。このベースがいいんだ。揺れる。

You Tube --- Leroy Sibbles/Blood In The Streets


コーラスの布陣が凄い件で。
http://www.oct.zaq.ne.jp/koolroots/kool30.htm


You Tube --- Leroy Sibbles/Be A Man

Side 1のベストトラック、俺はこれかな。


■Side 2は「Rock Me Baby」「Pure Sorrow」か。「Pure Sorrow」やるのがだいたいズルイね。自分のじゃん!って。あ… いいのか自分のだから。

「Pure Sorrow」ってこんな曲。オリジナル、ヘプトーンズ(The Heptones)のがあった。しかも例のあれ。

You Tube --- The Heptones/(Pure SorrowはPure Sorrowなんだけど!!!)



まあ、要するに俺の言いたいのはリロイ・シブルズはニクイ男ってことです。
誰!? この人にベースなんか教えた人!


Roots Archives   http://www.roots-archives.com/release/2289



ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 21:38|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Reggae 

2010年11月16日

The Tams/Presenting

PresentingSide 1
1. You Lied to Your Daddy
2. Do I Worry
3. Close to Me
4. Standing In
5. Riding for a Fall
6. Laugh It Off

Side 2
1. It's All Right (You're Just in Love)
2. Got to Get Used to a Broken Heart
3. You Might as Well Forget Him
4. Dancing Mood
5. It's All Right
6. What Kind of Fool (Do You Think I Am)


■ザ・タムス、1964年のアルバム「Presenting The Tams」。これも何年探したかな。やっと見つけた。半分くらいは曲を知っていたし持っているのもあったから、いいのはわかっていたけれど。こんなにいいとは。この頃家に帰ると聴いている。毎日。

■そもそもはジョン・ホルト(John Holt)の歌う「Riding for a Fall」が好きで、例によってオリジナルを追ったらタムスだった。それからタムスのアルバムを見たら救出していたのだけれど。これまで数枚聴いてきてどれもよかったけど、この「Presenting」はいちばんいいかもしれない。ソウルもレゲエも聴く耳に “ロックステディなソウル” がたまらない響き。ロックステディな、というのはもちろん話が逆だね。でもそういう聴き方になってしまう。

■聴いてるとなるほどジャマイカンに好かれそうな音だし、好かれそうな曲ばかり。というか、収録曲をあらためて見てたらこれ、ジャマイカでカヴァーされてるの1曲2曲じゃないじゃん。エライことだ、と思って調べ始めたら、石川さんが書いてらっしゃいました。やはり…。あの曲もこの曲も状態。たまらんワケです。

■アトランタのR&Bグループでメンバーチェンジしながら今も活動している(!)ってことくらいしか知らないし、ビーチミュージックの何たるかもよくわからない。でもまあいいか。ドゥ・ワップを基盤としたコーラスワークもいいが、これも石川さんが指摘済みで真似になってしまうけどバックの音がなんとも味わい深いんだよね。演奏そのもの、フレージングも各楽器の音質も。全体的なバランスも。

■あと気になるのが、このアルバム中5曲もがレイ・ウィットリー(Ray Whitley)というカントリー歌手によって作られていること。レイ・ウィットリー…。どうも有名な人らしいんだが、知らない…。追わなければならないのだろうか。カントリー方面、滅法弱い…。でも実はタムスの他のアルバムでも登場するレイ。しかもそれがまたレゲエがらみで重要ときた。きりがないね。



You Tube --- The Tams/Riding for a Fall



You Tube --- John Holt/Riding for a Fall





You Tube --- The Tams/Dancing Mood



You Tube --- Delroy Wilson/Dancing Mood




ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 23:14|PermalinkComments(35)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Soul,R&B | Reggae

2010年11月12日

Machete

machete



































■11/10、「マチェーテ」を観てきた。ダニー・トレホ(Danny Trejo)の初主演映画(!!!)が来てるなんて全っ然知らなかった。作られてることも知らなかったしね。ボヨ氏が言ってくれなかったら観逃すところだった。危ない危ない。ありがとうボヨ氏。

■なにしろ主演だからね! ダニー・トレホだらけ。素晴らしい。こんなのを待っていたよ…。内容については一切書かないし、トレーラーも貼らないけど。まあ余所から拝借したこの画像載っけてニヤニヤする、だけにしとこう。ああ、思い出しても可笑しいな。気分がいい!


■「Grindhouse」観てない。観なきゃ。



ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加