新しいマグ。You Tubeで観るセルジュ・ゲンスブールのレゲエ。

2009年02月05日

Smokey Robinson/Pure Smokey

pure smokey
















■なにしろスモーキーは天才なので、何度でも載せるけれども。1974年の「Pure Smokey」。いろんな意味でたまらないジャケットデザインなんだが、中身は素晴らしいです。密林だとこれのCD、690円ってふざけた値段で売ってる。このジャケでその値段じゃ、誤解されるじゃないか。どう考えても名盤なのに。

■圧巻なのは「Virgin Man」。イントロからくらくらする。全てのフレーズがセクシーっていうか。2本のギターとエレピ、ホーンがくるね。で“アィヤィヤヤヤヤヤヤヤ〜♪”。R-18だね。僕は18以降に聴いたけどそれでもただでは済まなかった(笑) 「I Am I Am」はスモーキーらしくて好きな曲。コード進行が切ない。You Tubeになくて残念だけど「Just Passing Through」も素晴らしいよ。もっかい言うけどスモーキーは天才です。ご存知かもしれませんが。



You Tube --- Smokey Robinson/Virgin Man



You Tube --- Smokey Robinson/I Am I Am



HMVさんで試聴→Smokey Robinson/Pure Smokey


密林で690円な状況→Smokey Robinson/Pure Smokey


顔ジャケプレイ→http://aisha.livedoor.biz/archives/50833574.html





sika_50_50 at 22:56│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Soul,R&B 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by manew★sayuki   2009年02月05日 23:36
もちろん、試聴もさせて頂いて、
「あぁ。極上Tune」とうっとりした後、、、
見てしまった“顔ジャケプレイ”
探してしまった顔ジャケLP。。。
2. Posted by sika_50   2009年02月06日 00:31
>manew★sayukiさん
ぜひ挑戦して、ブログで見せて下さい。
sayukiさんも“顔ジャケプレイヤー”に
けっこう楽しいですよ。
3. Posted by ソロバン   2009年02月07日 00:12
スモーキーやばいです!
ロックステディの定番『LOVE I CAN FEEL』(J・HOLT)も実はタイトル変えただけでテンプスのカバー。
スモーキー・ロビンソン作だと知った時は改めて偉大さを感じました!!
4. Posted by sika_50   2009年02月07日 01:05
>ソロバンさん
「I Want a Love I Can See」。スモーキー・ロビンソンがテンプテーションズに関わった最初の曲ですね。
「A Love I Can Feel」といえばあれもオリジナルからの変わりようにびっくりしますね。とくにあのホーンのフレーズ。よく付けたなー、と思います。「I Want a Love I Can See」にはあのフレーズ“パーララーラ〜♪”がなくて物足りないくらい…。

テンプスといえば、スリム・スミスの「Ain't Too Proud to Beg」が聴きたくなりました。スモーキー作じゃないですが。

5. Posted by ソロバン   2009年02月07日 03:34
へ〜、あれはそんな記念碑的な作品だったんですかぁ

てか、本当にあのイントロ凄いですよね。もうそこだけでも名曲というか……。
『クイーンマジェスティック』(テクニクス)なんかも、インプレッションズの原曲聴くと頭の“♪ターンタンカタカタンタン”がなくてちょっと寂しく感じたり。

その辺ジャマイカ人てすごいすね
6. Posted by sika_50   2009年02月07日 09:33
>ソロバンさん
テクニクス或いはデューク・リードも、原曲聴いて“もっと派手に”なんて思ったんでしょうか。そんな想像も面白いですね。

ソロバンさんに言われてインプレッションズの久しぶりに聴いたら、物凄くよかった…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新しいマグ。You Tubeで観るセルジュ・ゲンスブールのレゲエ。