数限りない誤魔化しとマネー・ゲームの組み合わせの中で、国民の財産がハゲタカにさらわれようとしているってことですよ。by鳩山邦夫総務大臣Beats International/The Sun Doesn't Shine(12”)

2009年02月21日

John Holt/Pledging My Love

■ジョン・ホルト、1972年Trojanからのアルバム

「Pledging My Love」

pledging my love●track list

Side 1
1. What's Life All About
2. I'll Be There
3. Riding For A Fall
4. Pledging My Love
5. Will Always Love You
6. Last Love

Side 2
1. Treasure Of Love
2. Looking Back
3. The Clock
4. Anymore
5. Oh Girl
6. Tree In The Meadow

と、


1977年Weed Beatからの

「Treasure Of Love」

treasure of love●track list

Side 1
1. The Treasure Of Love
2. Looking Back
3. The Clock
4. Anymore
5. O Girl
6. Tree In The Meadow

Side 2
1. Love The Life You Live
2. I'll Be There
3. Riding For A Fall
4. Pledging My Love
5. I'll Always Love You
6. Last Love

は、

中身が、

一緒。



■Side 1と2、表裏入れ替わっていて曲名も違ってたりするけど内容は同じ。バニー・リー(またBunny Leeか!)プロデュース。J・Hファンの期待を裏切らない毎度お馴染みの歌謡レゲエ。1950年代のR&B歌手ジョニー・エース(Johnny Ace)のカヴァーが3曲も(「Pledging My Love」、「The Clock」、「Anymore」)、な中途半端さがまた味わい深いね。オリジナルはいかにもジョン・ホルトがカヴァーしそうな曲で、実際似合ってるわけだけれども。デルロイ・ウィルソン(Delroy Wilson)のほうで有名な「Riding For A Fall」は、ジョン・ホルトらしく弛緩度増。ほんと緩い。この曲はしかし、ザ・タムズ(The Tams)のオリジナルが素晴らしすぎるんだな…。この中でいちばん好きなのは、ブルック・ベントン(Brook Benton)作でナット・キング・コール(Nat King Cole)が歌った「Looking Back」。ジョン・ホルトの声がだんだん高い音域に上りつめて“ルッキ〜ン バァック♪”に到達するまでの流れがいい。



You Tube --- John Holt/Riding For A Fall



The Tams/Riding For A Fall




You Tube --- Nat King Cole/Looking Back




Youtube --- John Holt/Looking Back




You Tube --- Clyde McPhatter/Treasure of Love



You Tube
Johnny Ace/Pledging My Love
Johnny Ace/The Clock
Johnny Ace/Anymore






sika_50_50 at 12:04│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Reggae 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
数限りない誤魔化しとマネー・ゲームの組み合わせの中で、国民の財産がハゲタカにさらわれようとしているってことですよ。by鳩山邦夫総務大臣Beats International/The Sun Doesn't Shine(12”)