2009年12月02日

Al Green/I'm Still in Love With You

i'm still inSide 1
1. I'm Still In Love With You
2. I'm Glad You're Mine
3. Love And Happiness
4. What A Wonderful Thing Love Is
5. Simply Beautiful

Side 2
1. Oh, Pretty Woman
2. For The Good Times
3. Look What You Done For Me
4. One Of These Good Old Days

■ソウル好きにはもちろん、「Love And Happiness」もあるわけだしレゲエ好きにもよく知られた盤かな、とは思うが、例によって本当はどうなのか知らない。アル・グリーン1972(73?)年の名盤中の名盤中の名盤、「I'm Still in Love With You」。アル・グリーンの声で「I'm Still In Love With You」のような甘いのを聴くと一瞬、20歳くらいの、ソウル・ミュージックの深みにはまりこんだ頃の感覚がよみがえる。ま、つい最近のことだが。。。

■チャールズ・ホッジス(Charles Hodges)のオルガンがいいよねぇ。とか、言いたいことは沢山あれど、今日の話の主役はSide 1の終わりの曲、「Simply Beautiful」。「Simply Beautiful」、これも好きなタイプの曲だし好きに違いないのだけど、どうにも他の曲が良すぎるせいで陰に隠れてしまってて。耳が節穴と言われれば反論のしようもないがでも言われれば反論はするが、つい先日、やっと、とんでもなくいい曲なことに気がついた。それもなんとYou Tubeに気づかされた(何だか悔しいが…)。アル・グリーンではなく、クイーン・ラティファ(Queen Latifah)を追ってたんだけどね。そしたら出てきたのがこれ↓

You Tube --- Queen Latifah & Al Green/Simply Beautiful


クイーン・ラティファの歌の素晴らしさ。聴き惚れていたんだが、いや“& Al Green”とあるから本人現れるのは承知していたんだが、実際現れて、歌いだして驚いた。ラティファひとりのときとは歌に込められる何ものかの濃度が違う。違い過ぎる。泣かされるかと思った。そしてさらにこれ↓


You Tube --- Al Green/Simply Beautiful



どこのレコード・ショップなのか、インストア・ライヴでしょう。言葉を失う。と言いつつも言葉をならべるんだが、いったいアル・グリーンが信仰の道とどのような折り合いをつけたのか僕は知らないが、復帰後こんなことになっていたとは露知らず。近年のアルバムを完全スルーしてました。失敗。You Tubeでもこの感動だ。レコードも絶対いいに違いない。探さなければならない。

■そんなわけでこの頃はひとりでいると耳の奥でアル・グリーンのファルセット“ン〜〜〜〜〜〜!”が鳴りっぱなし。






sika_50_50 at 21:20│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Soul,R&B 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by へどろん   2009年12月03日 21:53
いやぁ、名盤中の名盤中の名盤っすか!?
このゴージャスな感じのジャケにピンとこなかった当時の俺はまだまだ甘ちゃんっすね、うふ♪
さぁ、メモメモ…安レコ安コレ…うふふ♪

それにしても…なんともいい笑顔だ♪
2. Posted by sika_50   2009年12月03日 23:05
>へどろんさん
名盤です。
機会があれば是非、です。

ゴージャスですか?
とくにそうも感じていない僕のセンスは…。
白いスーツも椅子も持ってませんけどね(笑)
3. Posted by takao   2009年12月06日 23:11
ン〜〜〜〜〜〜 !
ヤバイね。

ところでsikaさん、
アン・ピーブルズ好きですか?
4. Posted by sika_50   2009年12月06日 23:26
>TAKAOさん
でしょ。
ちょっと涙出ます。このン〜〜は。

アン・ピーブルズはそれほどでもないです。あの時代のバッキング、ほとんど同じ面子でしたっけ?
やっぱり好きなサウンドですけどね。ヴォーカルとしては今のところそれほど惹かれてないです。

TAKAOさん、好きなんですか?

5. Posted by takao   2009年12月06日 23:39
えへへ。大好きなんすよ。
たまには割れますな。

好きな理由はよくワカランのですが。
相性?
6. Posted by sika_50   2009年12月06日 23:49
>TAKAOさん
割れることもあって当たり前ですよね。

僕の理由も相性って思いますが、でもTAKAOさんが大好きってんならまたじっくり聴いてみますよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字