2015年09月03日

川本真琴 / gobbledygook

e9d1a574-s 1. Hello
2. ギミーシェルター(original edit)
3. キャラメル
4. OCTOPUS THEATER
5. ハーツソーパ
6. ピカピカ
7. ブレインシュガー
8. 月の缶(sweet edit)
9. FRAGILE
10. ドライブしようよ
11. 微熱
12. 桜(album mix)
13. TOKYO EXPLOSION JP
14. Hello★
15. 雨に唄えば

■過剰じゃない音楽ってどんな音楽なのかとも思うし、音楽は過剰な何か妙なもんによって生み出されるんだろうなとも思う。そりゃ別々の話。何が過剰って、川本真琴、2001年の「gobbledygook」は過剰だよな…。過剰さそのものを表したかのようなアルバム(そんなつもりはないだろうけど)で、通して聴くと俺は疲れてしまう。でも、通して全曲聴いてすっかり疲れたい。俺は去年から今年にかけてしばらくの間、毎日これを通して聴いていた。朝に晩に。だから間違いなく毎日疲れていた。それでなくても、なのに。今、リマスター盤を聴きながら書いてるけど、封入のエッセイはまだ読んでいない。読みたくて買ったんだったか? 

■「FRAGILE」は危ない。クラクラッと、いけないほうに行ってしまいそうになる。こんなの聴きながら通勤するのが間違いだ。カナル型イヤホンを外した後の切り替えのきかなさったらないよ。すっかり疲れてしまって、いい感じになってしまって、とても仕事どころじゃなくなる。毎日仕事どころじゃなくなってたわけだから、大変だった。 

Youtube --- 川本真琴 / FRAGILE





■あとは「桜」。最高だよね。



sika_50_50 at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 other music 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字