…。

2009年02月20日

数限りない誤魔化しとマネー・ゲームの組み合わせの中で、国民の財産がハゲタカにさらわれようとしているってことですよ。by鳩山邦夫総務大臣

■さて。話題の時事放談「かんぽの宿」がついにYou TubeにUPされた。有り難し。めでたい。見られるうちに少しでも多くの方が視聴してくれることを願うばかりであります。時折“?”となるようなことを言ってるイメージのある鳩山総務相だが、よくその背景をみると案外ちゃんとしたことだったりするんだよね。しかしこの度の、かんぽの宿問題での立ち回りは非常に明快。突然、何がどうして何のバランスが崩れて、のこのような快挙なのかはよくわからないといえばわからないのだけれど、この際何でもいい、売国の政治屋、学者、政商たちの悪事を斬るというなら有り難いこと。支持します。

You Tube --- 時事放談 野中広務 鳩山邦夫 かんぽの宿 1_2



You Tube --- 時事放談 野中広務 鳩山邦夫 かんぽの宿 2_2

“犯罪的な行為をやってますよ”By野中氏。






sika_50_50 at 01:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月12日

アイシャ、邪魔する。

Johnny osbourne come back darling 2■ブログやらパソコンやらデジカメやら、わけのわからん、そんな生計の足しにもならない妙なもんにうつつをぬかしおって…。そんなことより撫でるとかブラッシングするとか猫じゃらしを振るとかこう、も少し有意義な行動というものができないのかね、この人間は…。とか何とか、思ってるのかも知れん、アイシャは。

■ちなみにこの写真、椅子の上にレコードを置いて撮っているところをアイシャによって妨害されている決定的瞬間なんだが、じつはこの椅子の前に別の椅子での撮影を邪魔されている。つまり、






どこに行こうが、相手をしてくれんのやったら







邪魔したる!





ということなんである。

当ブログは、このような妨害の中で運営されている、のである。






sika_50_50 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月03日

新しいマグ。

Mug…。













■最近マグカップが割れてしまい、というか割ってしまったらしく、なので新しいのを買ってきた、ということなんだが…。左のイチゴのを気に入ったらしく、これ下さい、と言ったら右のスイカとセットだった、という話で…。てことは僕はスイカのほうで飲むのか…。と。なんか、リアルなスイカだな、と…。





sika_50_50 at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月02日

2008→2009。

■去年の12月20日に休んで以来ずっと仕事で、もちろん正月もへったくれもなく仕事で、そろそろ意味不明な笑みが漏れ始めているんではないかと思う今日この頃ですが皆さん明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します。ちょっと忙しくて更新滞ってますが死んでませんまだ元気ですので。というか1月9日までは休めないらしい。てことは20日間連投…。大丈夫かね。しかも諸事情あって今月の後半は修羅場になりそうだし。だんだんこう、やばそうな予想というかイメージが出来上がってくるとこれ、恐怖のせいで一種の強制終了がかかって笑えてくる。いまはまだ若干のニヤケがあるという程度だろうが後半戦では声を出して笑っているだろう。たぶん。

kekenaka■昨晩放送されたNHKの番組「激論2009 世界はどこへ そして日本は」、録っておいたのをさっき見たんだが、強いね竹中は。というより金子勝たちはも少し切り込んでいけないものかな。はがゆい。金子勝が“小泉構造改革の失敗というのをしっかりと総括して、方向転換をはからなければならない”と言ったのは、これはまったくそのとおりだと思うのでよかったが、竹中に喋らせるとまたいつものすり替え戦法で煙にまかれる。金子勝たちにはそんな煙をはらいのけて追い込んで欲しかったが、どうも駄目だった。小泉や竹中が何をして、どうなったか。具体的に列挙し攻撃してもらいたかったんだが。“改革”なんて言葉がマジックワードとしてまだ健在なようで、年のはじめから気分悪いったらない。八代なんたらも相変わらずで腹がたったが、それより今度は勝間なんたらいうややこしいのが元気で困ったことです。もうあの「ワーキングプア I&II」を作ったNHKではない、ということだろう。司会があれじゃどうもならん。それにしても竹中のあの詭弁を許さない論客だっていないはずはないと思うんだが、まあそんな相手とは同席しないんだろうな。敬称略。


■最近好きな曲。ビッグユース(Big Youth)の「Dread Ina Babylon」。聴くと元気が出る気がする。長期戦、これで乗りきりたい。

You Tube --- Big Youth/Dread Ina Babylon



You Tube --- Tommy McCook/Only a Smile





sika_50_50 at 23:15|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年09月24日

一日(いちにち)。

■朝5時に起床、ホット・ミルクでトースト食べて出る。レゲエ聴きながらバスに乗る。電車に乗り換え、レゲエ聴きながら読書。文春文庫、色川孝子著「宿六・色川武大」。いろいろとと呆れつつも楽しく読む。職場到着、仕事にかかる。難もなく仕事終わり。職場脱出、魔境へ。プライマル・スクリーム(Primal Scream)の12"「Star」購入。魔境脱出。そういえば、と思い、駅までの道を遠回り。ビッグイシューの最新号(103号)を購入。いつも同じ場所で同じ方から買い求めているが、いつも元気なさげなので気になる。自分の親よりは若いように見えるが、結構ご年配だ。電車。レゲエ聴きながらビッグイシューを読む。目玉はコールドプレイ(Coldplay)クリス・マーティンへのインタヴュー。コールドプレイは最近CMで流れまくった曲くらいしか知らないんだが結構面白かった。なるほど、イーノ(Brian Eno)だったのか…。途中、乗り換え駅でデパ地下に潜る。ぼた餅購入(笑) 浮上。また電車。レゲエ聴きながら眠る。帰宅。「Star」は置いといて、なんとなくデヴィッド・ボウイ(David Bowie)が聴きたくなり、「Young Americans」。こんなに硬い音だったかな。side-1、ぁRight」がいい。でもデヴィッド・サンボーン(David Sanborn)は苦手だな。もうじき夕食。


You Tube --- Primal Scream/Star


Melodica by Augustus Pablo




sika_50_50 at 19:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年07月25日

通信簿…。

通信簿…。





















■gooから通信簿を受け取ったので公開。ブログ年齢は58…。演歌歌手を目指すのがよいらしい。まあそれはいいとして、「体育祭実行委員」タイプって何?


goo ブログ通信簿サービス





sika_50_50 at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年05月31日

ブログの更新をしないでいるあいだに

holt just the two of us - 日本盤■ブログの更新をしないでいるあいだに“まるで夏”な日があり、ああもうこのまま長く暑い日々に突入するのかと憂鬱になっていたらこの寒さだ。いや、暑いよりはずっといいけれど。ブログの更新をしないでいるあいだに体調の悪い日があり、まれに良い日もあり、良い日にはここぞとばかりにビールを飲んだりしていた。飲んだ翌日は必ず不調になっていた。更新をしないでいるあいだにエロール・ダンクリー、デニス・ブラウン、ニーナ・シモンのレコードを探し回っていたのだけれど、まったく見つからない。インターネットでそれらの痕跡を見つけて悔しがったりしていた。更新をしないでいるあいだにカラマーゾフを、話題の光文社のではなく新潮文庫ので読み始めた。面白いのは面白いのだが、登場人物の名前が憶えづらい…。更新をしないでいるあいだに人に頼んで買ってきてもらった赤福を食べた。美味かった。こっちでも普通に買えればいいのに。ジャケ画像はブログの更新をしないでいるあいだに買ったジョン・ホルトの「JUST THE TWO OF US」日本盤。このジャケはいったい…。これでいいのか…? 合わないと思うのだが。中身と。。。


JOHN HOLT/JUST THE TWO OF US




sika_50_50 at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年05月07日

引力。

■どういう引力かと不思議に思うことがある。電車に乗ると、へんなのやよくないヤツを呼び寄せる力があるようだ。あまり認めたくはないが。

■本日はまことに天候がよろしく、危険度は低いはずなのになぜかひどい頭痛。しかもGWを考えていなかったせいで薬を切らしていた。ただ耐え、仕事してるふうに時間を待ってなんとか過ごした。終業後はまっすぐ、かかりつけの医者へ、はやく、薬をもらって、飲まなければ、と電車に乗ったわけである。座れる電車を選び、もちろん座った。じつはこの時点で予感はしていた。来るんじゃないのか隣に、と思っていた。なかなか隣が埋まらず、通りかかる安全そうな人がなぜか座ってくれず、予感は強まった。そして発車直前、ホーム階段をかけ上がってくる男が見えた。あきらかに危険信号を発している。『ろくでもありません』と表示が出ている。ああ、こいつが…、とすぐにあきらめがついた。こちらの納得とあちらさんの着席はほぼ同時だった。

■隣に来た男は丸刈り(僕も丸刈りだが)で40代後半か50代前半、身長175、やや肥満、マイナーなメーカーのジャージ上下、スニーカー、手提げ紙袋所持。足を投げ出すように座っていた。

■何かするだろうとは思っていた。案の定、発車と同時にケータイ(折りたたみタイプ)を開き、平気で通話開始。“もしもし●●さん!? ○○です!”声がまた大きい。どうしようもない男だ。まわりの人々が見ないようにしているのがわかる。で、その話の内容がまたまずい。“****(薬品名)を**(数量)、**(値段)、安いっしょ!? どうです●●さん”。この薬品は割合最近麻薬指定になった医薬品である。もう電車内でのマナーどうこうのレベルではなかった。勘弁してくれよ、頭痛いのにもう…。頭痛時はあまりヘッドフォンで音楽という気にならないのだが、逃げるにはそれしかない。バッグからi podを引っ張り出した。流れ出したスティーヴィー(STEVIE WONDER)の「SUGAR」に救われる。ん〜、小浜さんの応援するより新作に取り掛かってくれないものかな。などと思っているうちに男は電車を降りた。

■そのまま僕はi podを聴きながら病院へ。いつもの薬を真っ当なかたちで処方されて帰宅。


amazonで試聴→Stevie Wonder/Signed, Sealed and Delivered

(「SUGAR」は6曲目)







sika_50_50 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年03月29日

スクラッチ本 豪華版。

PEOPLE FUNNY BOY BOX ★Tシャツ付き
■昨晩友人のbethさん夫妻と新宿で飲んだ。なかなか楽しい晩でした。魚メインの飲み屋だったが、デザートが美味かったね。塩アイス。

■その飲み屋の奥まったところにある席で我々が “買った?” と、人目をはばかるように見せ合ったものがある。他でもない、発売されたばかりのリー・ペリー本「PEOPLE FUNNY BOY」だ。しかしbethさんのこれ…(画像参照)。箱入りである。しかもTシャツ付き! タワレコ行ってみたらあったから、とのことだった。解せぬ…。早々に予約の手はずをとり、万事抜かりなく事を図ったはずのそれがしが入手したのはフツーの本。納得がいかぬなあ。いや、今回はその豪華版、それほど欲しいとは思ってないので不思議と。だからいいといえばいいんだが、そういうものがあるとは知らずに、当然のようにノーマル・ヴァージョンを購入したことがねぇ。どっちにしようか、というプロセスを得られなかったのが少々くやしい。この「箱入り」、いろいろ検索してみても全然出てこないんですけど。どうして?

■そんなわけで「PEOPLE FUNNY BOY」。2段組の476ページ。「ベース・カルチャー」に続いてズシリと重いレゲエの重要書物。読みでがあるな〜。ちなみに「箱入り」と「ノーマル」は千円しか違わない。「箱入り」はTシャツも付いてるのに。

ノーマル・ヴァージョン↓































sika_50_50 at 11:36|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年01月22日

徒然。

motown karaoke
■寒い。暖冬なんだろうと思っていたら、ちゃんと寒くなった。日記風のイントロである。サントリー「角」を飲んでいる。

■出勤時にジョニー・オズボーン(JOHNNY OSBOURNE)の「SIMMER DOWN」聴いていいなと思った。7"欲しいがどうやらどこにもないようだ。再発待つか。何か編集盤でも買うか。どうもジョニー・オズボーンが好きらしい。最近気がついた。

■仕事中、昼休みに某ディスク・●ニオンに行き、ライト・オブ・サバ(LIGHT OF SABA)の7"を眺めたり手に取ったりまた戻したりして逡巡。結局保留。いいのはわかっているんだが、なかなか手がでない。サバといえば、来月凄そうなのがリイシューされる。サバの前身であるらしいディバイン・ライト(CEDRIC IM BROOKS & THE DIVINE LIGHT)の「FROM MENTO TO REGGAE TO THIRD WORLD MUSIC」。13曲入り。そのうちHONEST JONSのサバと重なっているのはたぶん3曲くらい。早く聴きたい。なぜVP RECORDSなのかと思ったが、「17 NORTH PARADE」って名盤の再発シリーズをやっているらしい。VP RECORDSの前身てRANDY'Sだったのか。知らなかった…。ディバイン・ライト、アナログ盤も出してくれればいいのに。

■レゲエではないリイシュー盤の到着を待っているのがありR&Bのフロアものぞく。まだだった。そろそろ来てもいいはずなんだが…。ちょっとがっかりし、去ろうとして画像のこれを発見。なんという企画だ…。MOTOWN名曲の数々をカラオケに! しかもオリジナル・トラックで!!!!! これに喜ぶ人もそりゃいるんだろうけど、しかしそこまでやるかMOTOWNよ。何だか情けない。

前回のエントリでbethさんに“だいぶ前にPRINCE FATTYのアルバム聴かせましたけど”とツッコミ入れられた件、なんとなく、微かに思い出してきた。不思議だ。忘れるのも、思い出すのも…。



追記
■“しかしそこまでやるかMOTOWNよ”と書いたが、調べたらレーベルがSinging Machineとなってた。カラオケ屋か…。でも同じことだな。MOTOWN、困ってるのかね。。。





sika_50_50 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年11月01日

ニセ科学。

■“んなわけねーだろ”で終わってしまうようなトンデモな話っていうのは、丹念に作りこまれた嘘よりも人を惑わす力があったりするようだ。なにも「ニセ科学」にかぎったことではなくて、最近騒がれてる例の詐欺事件しかり、多くのカルトの教えしかりだと思うが。あまりに変なことを言われるとこう、クラクラッとなるものなのかな。でまあ今日は「ニセ科学」。いまだ勢いが衰えていないみたいで問題だな、と。今日も某有名ミュージシャン(?)が妙なことになってる件(「わしズム」吉田豪のページ)を読んだし。

YOUTUBEにちょうどいいのがあったので貼っておこう♪




水の件。困ったもんです…。→ Wikipedia「水からの伝言」





sika_50_50 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年09月02日

秋ですな…。

おかし ぱん




















■“秋ですな…。”ってタイトルと何の関係もないのだが。「おかし ぱん」なんですな。非常に分かりやすい、親切な自販機。「ぱん」って…。





sika_50_50 at 23:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年01月13日

レコード・ジャケとの一体化♪

一体化…。■一部音楽ファンのあいだで、しかし国際的に流行の兆しをみせている?この遊び=「顔ジャケプレイ」、どんなもんかと僕もトライしてみた。

使用LPジャケはスモーキー・ロビンソンの「PURE SMOKEY」。

ん〜、初挑戦としてはまあなんとかなっているというところだろうか。

韓国のブログOLD ROCKING CHAIRさんで見られるような一体化は得られていないし、studio uprising blogさんのような洒落も添付されていない。

やはりシャツは合わせて胸のあたりを開けるとか、ジャケットを持っていない手に何かをさせなければよいものにはならない。他にも背景にする色だとか、研究すべき要素はたくさんあるようだ。

っていうか、撮影担当者がそこまでつきあってくれない。レコ・ジャケと融合したいという願望がなかなか理解されないようである(笑)



sika_50_50 at 16:29|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月20日

2カラムにしてみました。



■どりゃ僕もYou Tube貼り付けてみようか、とやってみたら、どうも3カラムだと記事幅が狭いらしくサイド・バーが妙なことになったので、2カラムにしてみた。また可愛い過ぎるテンプレートが僕にぴったり。ていうか模様替えし過ぎ? そんなわけでYou Tube試しに貼ってみました。曲は「鈴懸の径(すずかけのみち)」。ザ・ピーナッツ。「シャボン玉ホリデー」の映像とのこと。



続きを読む

sika_50_50 at 01:09|PermalinkComments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月11日

夢。

■珍しく、見た夢を憶えていたので書いておこう。



◆夕方、タクシーで代官山UNITに向かっている。なぜか見知らぬ人たちと同乗している。途中窓から何の気なしに空(曇り空)を見上げると、

    巨大なカレイが飛んでいる。

我が目を疑う。大きさは例えば、ひとつの島とか、そのぐらい巨大で、人間の造ってきた飛行物体の規模をはるかに超えている。巨大カレイは厚めに空を覆っている雲を上下に縫うように、泳ぐように飛行している。

すごい、と思って見ているともう一匹飛んでいる。タクシーの同乗者たちが騒ぎ出す。あっちにもいる、向こうにもいる、と声があがる。東京上空を数十匹の巨大カレイが泳いでいる(飛んでいる)。

同居人に宛てて、

“巨大カレイが空を飛んでるから気をつけて!”

とメールをする。


タクシーが付けたところは、えらく細く狭い階段を上りきったところ、城下町のセットみたい(と思えた)な場所だった。

運賃をわりかんで支払う。等割りでなく、誰がいくらかは運転手が決めていて、言われるがままに支払う。何の、誰のライブなのか不明だが、スタート時間が迫っていたので焦っている。

夕闇が降りてきて、巨大カレイの姿も見えなくなっている。



■ここ最近体調がよくなかったのだけど、それが何か影響したんだろうか。それにしても何故巨大カレイなんだか…。寝る前には、知人に頼んで録ってもらったBS2でやった番組、友部正人のライブ、とくに「一本道」を繰り返し聴いていた。何か関係あるだろうか…。


Neowingさんで試聴→友部正人/一本道(4曲目)







sika_50_50 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加