とても甘いレゲエ

2008年12月13日

John Holt/Before the Next Teardrop

Before the Next Teardrop
















■またバニー・リー(Bunny Lee)か。それより、“またジョン・ホルトか!”って話か。ジョン・ホルトです(笑) 1976年の「Before the Next Teardrop」。収録の10曲全部カヴァーだろうたぶん。「Sugar」だけオリジナルがわからなかったけど。ある意味ファン(一部の?)の期待を裏切る素敵なジャケット、なために不安になる人もいるかもしれない。僕もKENSUKEさんのところで見たときは若干心もとない気分になったし(笑) しかし音も素敵、安心の1枚です。

■ジョン・ホルトの中でも、選曲の冴えが光るアルバム。冒頭にはバディ&エラ・ジョンソン(Buddy & Ella Johnson)原曲の「Since I Fell For You」なんて渋いのを持ってきてる。でも推測だけど、レニー・ウェルチ(Lenny Welch)あたりの甘いとこ聴いて気に入ったんじゃないかな。というかこれ、同じバニー・リープロデュースでジョニー・クラーク(Johnny Clarke)も歌ってるけど、しかもオケ同じみたいだけど、誰が最初なんだろう。レゲエ好きには人気の「No Man Is An Island」はコーラス・グループ、ヴァン・ ダイクス(The Van Dykes)の曲。ヴァン・ ダイクスはインプレッションズ・フォロワーと言っていいと思うので、“またインプレッションズか”と。いい曲。エディ・ ホールマン(Eddie Holman)の激甘な「Lonely Girl」は、ホールマンが素っ頓狂なファルセットなのに対してジョン・ホルトは自慢の地声で迫る。甘い地声。Side 1の終わり「Before The Next Tear Drop (Fall)」とSide 2の1曲目「Wasted Days And Wasted Nights」は同じ人、テックス・メックスのフレディ・フェンダー(Freddy Fender)が原曲。「Before The Next Tear Drop Fall」は、これはフレディ・フェンダーの、たまんないんだな。とくに2コーラス目でスペイン語になるところがたまらん。ジョン・ホルトのもいい。スペイン語にはチャレンジしてないけど。ここへ来てインプレッションズ(The Impressions)「You Must Believe Me」。オリジナルよりかなりリラックスぎみ。でそのインプレッションズの次にマット・ モンロー(Matt Monroe)なのが結構受けたんだけど。マット・ モンローといえば「007 ロシアより愛をこめて」でしょ。演ってるのは「ロシア〜」じゃなくて「Walk Away」、こういう曲はまあジョン・ホルトに歌わせたらもう、ね。アイヴォリー・ジョー・ハンター(Ivory Joe Hunter)の「Since I Met You Baby」をはさんでラストがスペンサー・デイヴィス・グループ(The Spencer Davis Group)、「Keep on Running」なのもちょっと面白い。このセレクトで、ラストにこれって…。と思ったが、ちゃんとジョン・ホルト的に変換されていて和むばかり。


You Tube --- Buddy & Ella Johnson/Since I Fell For You



You Tube --- Lenny Welch/Since I Fell For You

いかにもホルトさん歌いそうでしょ?


You Tube --- Nina Simone/Since I Fell For You




You Tube --- Eddie Holman/Hey There Lonely Girl

どこから声出してんの、て感じ。甘い。



You Tube --- Freddy Fender/Before The Next Teardrop Falls




You Tube --- John Holt/Before The Next Teardrop

なかなか景気が良いです。




You Tube --- The Spencer Davis Group/Keep on Running

これレコード引っ張り出して聴くことなんて滅多にないけど、久々に聴いたらかっこいいなあ。
やっぱりラストにこれ、は凄い。バニー・リーか? 提案者は(笑)




You Tube --- Matt Monroe/From Russia With Love

あまり関係ないけど、良いので、つい…。










sika_50_50 at 17:29|PermalinkComments(4)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加