アニタ・ベイカー

2009年07月26日

Anita Baker/Compositions

compositionsSide 1
1. Talk to Me
2. Perfect Love Affair
3. Whatever It Takes
4. Soul Inspiration
5. Lonely

Side 2
1. One to Blame
2. More than You Know
3. Love You to the Letter
4. Fairy Tales





■アニタ・ベイカーの最高傑作はこれだ。1990年のアルバム「Compositions」。今のところは、だが。アニタの歌い方はジャズっぽくてジャズじゃなくて、バックはフュージョンぽくてひたすらスムーズでメロウ。ああ、クワイエット・ストームとかいう、あれだ、レジーナ・ベル?、あんな感じのやつ、なんて言われたりするんだが、レジーナ・ベルと一緒にされるのは悲しい。レジーナ・ベルには悪いが。マイケル・J・パウエル(michael j powell)がどう思ってるかは知らないが。クセの強いくぐもった発音が若い頃から“いぶし銀”。好きすぎて来日公演は2回行ったが、生アニタのパフォーマンスはレコードから想像できない熱さだった。そこんとこ、も、クワイエット・ストームって言葉で括られて損してるかも。尚、アニタ本人以外でこのアルバムを最高傑作たらしめているのは、全曲でベースを弾いているネイザン・イースト(Nathan East)である。と、思います。ネイザン・イーストは偉大であります。ベースに歌心、ありすぎ。

ん…。昔Cisco Recordsで買ったと思うんだが、なんでかジャマイカ盤…。なんでだ?



You Tube --- Anita Baker/Talk to Me



You Tube --- Anita Baker/Fairy Tales



ネイザン・イーストといえばフォープレイ、ですか。
マーヴィン(Marvin Gaye)の「After The Dance」。弾くし歌うし。

You Tube --- Fourplay/After The Dance





sika_50_50 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加