ミーマイモー

2011年03月05日

できましたね。

■mmm(ミーマイモー)、オフィシャルホームページを開設!


http://mmm.daa.jp/


mmm official site

http://mmm.daa.jp/




めでたいね。


はじめてだ。ウェブページのキャプチャしたの(笑)




ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter









sika_50_50 at 13:33|PermalinkComments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年02月26日

2011年 3月12日(土)は下北沢440でマリア・ハト1st EP「アロハの後半」リリースパーティ!

スキャン0001


2011 3/12(土)
マリア・ハト 1st EP「アロハの後半」リリースパーティ


出演
マリアハト
久土'N'茶谷
Alfred Beach Sandal
peco


@下北沢440
OPEN18:30/START19:00 
前売2,000円 / 当日2,500円(+ 1 Drink)

予約
mariahato@gmail.com

もしくは下北沢440店頭販売にて。




MARIA HATO

THE

LATTER

HARF

OF

ALOHA



リリパ。
楽しみだなあ!

もうAmazonやHMVなどに「アロハの後半」のレヴューが載っているのでリンク貼っておきます。

HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4006520



もしもジョン・ピール(John Peel)が聴いたら、何と言うだろうか。
聴かせたかったね。


ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 23:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月16日

流しのmmm@新宿ゴールデン街。

IMG_6930 (2)■12月14日、新宿のゴールデン街にあるFlapperという店で歌うというので行ってきた。

■ゴールデン街については、そう詳しくない。でもFlapperから見ると裏側になるHungry HumphreyやBON'Sは好きで、若い時分よく行っていた。いろいろと思い出して、どうしても遠い目になる。一緒に飲んだ人たちを思い出す。このブログ用に写真を撮りながら感傷に浸ったりウロウロしていたら時間が迫ってきた。行ったら俺一人とか、ないだろうな、と思いつつ店のドアを開けると…。手前から奥へ伸びるカウンターにすがった10人くらいの若々男女の目が。おお。一瞬怯んだがドアを開けたら入るしかない。空席があってよかった。

■mmmはどこから登場してどこで歌うのだ?(歌うスペースが見当たらない)と見回していたら当人がやって来た。やはり歌う場所を探る(笑) ようするに無いのだ、場所が。それでもバンド入れたりもするらしい。いったいどうやって。で結局どうなったかというと、ちょうど俺の背中から数十センチのところに決まった。観られない(笑) よく椅子に座って身体をねじるストレッチするでしょ。あれ式で観ようとしたけど無理だった。俺の身体が堅いせいではない。もうこの設定だけで可笑しくて肩が震えた。

■まあいい。裏目(?)だろうが聴ける。こんなに近いなんていいじゃないか。実際俺の座った席がよかったのか何なのか、いい響きかたをしていてこれは来てよかったと思った。mmmの歌っている表情を見られないのだけは悲しかったが。歌われる名曲の数々。「ゲロを吐く時の歌」ではドッと笑いが。俺は「鳥が飛ぶ」をリクエストした。場所のせいか珍しく饒舌?なmmm。楽しかった。


■これで今年は見納め聴き納め(ライヴはまだある)。今年は後半、ほぼmmm一色だった。おかげで楽しい年になった。お礼を言いたい。来年もいい曲、いい歌を聴かせて欲しい。というか来年どうなるんだろう? 凄いことになりそうな気がするんだが。まずはマリア・ハトのアルバム、早く聴きたいね。


golden








ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 22:25|PermalinkComments(18)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月10日

7th FLOORでシャロン、mmm、麓健一。

■昨晩渋谷のライヴハウス7th FLOORでmmm、麓健一、シャロン・ヴァン・エッテン(Sharon Van Etten)を観てきた。こんなに、と思うほどのお客さんの入りように驚く。やれ音楽産業が不振だとかよく耳にするけれども、どこの話か。アツいじゃないか。それで始まる前から気分がよかった。ライヴは麓健一から。ネットなどである程度知ってはいたが、観るのは初めてだった。自身ではアコギを抱え、ピアノ(細見万里子)、チェロ(ナガヤマタカオ)、エレキギター(端子)を配した4人編成で歌う。祈りのような、ストイシズム溢れる、それでいてどこかエロティックな音楽。MCのジョークさえ生真面目な印象。徹子の部屋に出演した際のマツコ・デラックスの話などから生まれたという(本当?)「ファイトソング」がよかった。

■続いてはmmm。mmmを観るのが何度目になるのかそろそろわからなくなってきた。シャロンの存在がそうさせているのか、いつになく幸せそうな表情。観ているほうも和む。「誰かいる」はシャロンみたいな曲をイメージしたのだそう。それをシャロンに聴かせるのはどういう気持ちだろうか。聴くシャロンだってそうだ。幸せな光景だ。作り物じゃないドラマ。こんな場面に居合わせてよかったと思った。「アドア」ではシャロンもステージに上がり、コーラス(!)をつけた。もともと泣ける曲だが、絹のような高音域の声が加わり織り成すハーモニーが切なさを強めた。危うく本当に泣かされるところだった。なにしろ幸福というか、特別な雰囲気だった。mmm、ビールではなく赤ワインを飲んでいた。

■シャロン・ヴァン・エッテン。素晴らしかった…。CDやPVとは、まるで違うと思った。いや、違うというと語弊があるか。でも違ったな。あの声。高音では伸びやかに舞い、低いところでは強く荒ぶる。なんていくら書いても伝わらないな。機会があったら観るしかない。とくに難しいコードを使うわけでもなく、素っ気ない程シンプルな曲も嘘みたいにソウルフルだった。ライヴ凄い。あのギター、ボディも小さく、ネックも細く見えたような…。何というモデルなんだろう。好きな「tornado」、「for you」が聴けてよかった。MCとなるとびっくりするほど可愛らしく、お茶目で、各地からメロメロの声が聞かれるのもなる程だった。というか、メロメロになりました。


(敬称略)


ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月14日

mmm Live @高円寺 円盤

■昨晩、高円寺の円盤でmmm(ミーマイモー)のライヴを観てきた。mmmを観るのは新宿naked loft(8/30)、下北沢440(9/3)に続いて3回目。一緒に(巻き込まれて)観た怪獣ヒロン君(初対面)からは、追っかけじゃないすかー(笑)と褒められる始末だったが、まったく、今になって誰かの追っかけ認定をくらうとは鼻が高いよ。だけど連続出動をしたのには理由があってね。この日みたいにポン!と何か突き抜けたようなライヴが観られるはずだと思っていたからなのだよ。なのです。


■ mmm Live @高円寺 円盤 セットリスト


鳥が飛ぶ

Winter Woman(仮)

ケンちゃん

ゲロ吐く時の歌

世界

短くて幸せな曲

あまのじゃく



■mmmが円盤に現れたのはもうすぐ出番というときだったけれど、ナーバスな感じがしないなと思った。どうしてかは知らないけれども。で、初っ端に「鳥が飛ぶ」だもんな。だもんなったって知らない人は何言ってるのかわからないね。色彩は暗いけど光と広がりのある、とてもいい曲。やっとライヴで聴けた。ヒロン君の隣で平静を装うのが大変だった。よくて。自身のバンド、マリアハトでの曲だという「Winter Woman」。(仮)なのは曲名を聞いてないので。これはヤヴァす。とんでもない歌。下北沢440で、2曲連続で演ったのかと思っていたけれど、2部構成風の1曲だったのか…。近々出るはずのマリアハトのアルバムに、入ってるんでしょうね? この曲、


世界が震撼して全米が驚愕すると思う。


…。全曲解説しても仕方なかろう…。褒めきれるものでもありませんから。とにかく歌にSoulがみなぎっててどうにも素晴らしかった。腹がたつほどよかったな。それにしても…「短くて幸せな曲」を歌う前に、明るい曲を演ります、と言っていたけど本気だったんだろうか。とか、今日はカポタストが一曲しか登場しなかったな、とか。鋭すぎる疑問や注意点があったり…w


■もう次のライヴが観たいと思っている。が、しばらく行けそうもない。10月のコネフェスの話にマリアハトの名前出てるけど、あれ本当かな。観たすぎる。

(敬称略)

円盤









ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 21:49|PermalinkComments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年08月28日

マリア・ハト/torty

You Tube --- マリア・ハト/torty





■いい曲過ぎる…。ああ本当に、アルバム聴ける日が待ち遠しい。





ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter




sika_50_50 at 16:31|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年08月21日

mmm/five till

five till
1. バイバイ

2. 外人さん

3. Troubled Mind

4. ゲロ吐く時の歌

5. あまのじゃく

6. 短くて幸せな曲





■2010年07月13日(火)の深夜、whistlemanさん(たぶんジョギング中だった)がつぶやいたのが始まりで。

“女性が普通の部屋で呑んだくれて弾き語りしてはる。ものすごく良い。誰?
(@wowowowwhaaaao live at http://ustre.am/fEgX )”


http://twitter.com/whistleman/status/18441995969

普段はUstあまりチェックしないのに、何故かこの時は観に(聴きに)いったんだよね。観たら、呑んだくれていたかどうかはともかく(笑)、たしかに缶ビール飲みながら歌う女性。いやその状態はどうでもいい。はじめ“ちょっといいんじゃん?”くらいな感じで余裕で聴いていた俺が慌てだし、ひっくり返っては起き上がり、俺も酒を、と手に取っては冷蔵庫へ投げ戻し…、とにかく慌てふためく(重複)のに2分もかからなかった。実際、誰この方? 誰? 誰? と大人気なく大騒ぎをした。結局whistleman氏は知っていて、mmm(ミーマイモー)というSSWさんです、と教えてくれた。ボヨ氏も教えてくれた。ありがとう。


■その日からもう一ヶ月以上。初夏が残暑。こんなことになるとは思っていなかったが、mmmを聴かない日はない。入手可能な録音物は全て入手した。それを繰り返し聴く毎日。毎日聴いてるのだから“そういうこと”なんだが、どうにも謎すぎる。mmmの音楽の何にこうも翻弄されているのかわからない。わからないのでまた聴くしかない。


■格好がつかないから貼り付けた上の画像はデビュー作(らしい)CDR「five till」。貼ったはいいが謎すぎてまだ色々いう気になれない。




You Tube --- マリア・ハト/あまのじゃく



■サイド・バーに置いておいた「あまのじゃく」にすばやく反応し、やはりおかしくなってしまったのがBONJOUR TAKAO DUBのTAKAOちゃん。デスモンド・デッカー無視(すまん)で展開されるTAKAOちゃんとの危ない語らいはこちら。

http://aisha.livedoor.biz/archives/51749457.html#comments



ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter





sika_50_50 at 23:31|PermalinkComments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加