LoversRock

2012年10月20日

Hollie Cook/Hollie Cook

hollie1stSide 1
1. Milk And Honey
2. That Very Night
3. Walking In The Sand
4. Cry (Disco Mix)
5. It's So Different Here

Side 2
1. Sugar Water (Look At My Face)
2. Shadow Kissing
3. Used To Be
4. Body Beat




■Mr Bongoのプリンス・ファッティ(Prince Fatty)関連が割りと速いペースで出続けているので買うのも聴くのも忙しい。楽しい嬉しい。それにしても。面白いところから歌姫が降臨したもんだ。いい声。どうしてあの親父さんから。と言ってもあの親父さんの声知らん。アリ・アップ(Ari Up)との日々をどう過ごしてきたのか少し想像する。「Body Beat」じゃBLACKBEARDがベースつけてんだよ。って言われなきゃ気づかない耳だったりなんだが。にしてもさ、歌う使命を帯びてきたかのような、だよね。そろい過ぎ。

Youtube --- Hollie Cook/That Very Night 
 


■どの曲もいいのだけど、プリンス・ファッティ本人はともかくB. Corbletって人が気になる…。アルバム9曲中5曲に作曲で名前の記載がある。↑この「That Very Night」もそう。まあ、ダブアルバム「Hollie Cook in Dub」のほうにはちゃんとBarthelemy CorbeletってなってるのでこれはBarthelemy Corbeletだということが明らかなんだけど、Barthelemy Corbelet誰よ。はい、この兄さん。Barthという名前でアルバム出してるんだな。

http://www.barthroom.com/

BRATH

リンク先に行って聴ける1曲目からして“なるほど”な感じ。いいな。2006年と2008年にアルバム出してるみたい。手に入りにくそうな予感…。

というわけだから、これ見てけろ。
Youtube --- BARTH "CUCHILLO" / CUCHILLO AT THE FISHMARKET / PART 1 / DIR. F. LEROY  
  
ちゃ〜んと出てくるね、Mike "Prince Fatty" Pelanconi ! 


そんな感じだ。


人気ブログランキング



sika_50_50 at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月06日

Barry Biggs/Side Show

Side ShowSide 1
1. Side Show
2. What Will My Mary Say
3. You Are My Life
4. Goodnight My Love
5. I'll Be Back
6. Work All Day


Side 2
1. You'll Never Get To Heaven
2. Sweetest Little Thing
3. Lonely Girl
4. That Girl I Knew
5. Your Kiss Is Sweet
6. The Road Is Rough


■終末(週末)。なのでちょっと燃料入りで失礼。バリー・ビッグスが甘い! 甘すぎる。ジョン・ホルト(John Holt)の甘物の場合は、ジョン・ホルトの声にじつは“引っかかり”があるので、トラックがいくら甘ったるくても何処かに苦味とか塩っけが潜んでいて、それで安定感がある。ような気がする。それと比べるとバリー・ビッグスは本当に甘い。徹底して“かど”がないし、浮遊感たっぷり。ここまでやると男前だな。逆に。

■1977年のアルバム「Side Show」。Dynamic Soundsから出ている「Mr.Biggs」のオランダ盤(Pink Elephant)。「Mr.Biggs」のジャケがたまらないんだけどね。 オランダ盤もなかなか味わい深いな、と思っての入手。ジャケットはいくらか渋く決まっているんだが、音は紛れもないバリー。1曲目「Side Show」からして非現実的。これ大音量で聴いてみたい。由来がわからないが、ブルージーな「Work All Day」がこのアルバムの中で浮いている感じ。で、いい。好みの曲調だからかな。バカラック(Burt Bacharach)ファンとしては当然「You'll Never Get To Heaven (If You Break My Heart)」にも大喜び。これはね。曲が良すぎるでしょ…。 「Lonely Girl」についてはRock a Shackaさんがグレン・アダムズ(Glen Adams)のテイクに触れてこう書いている。

“後にジャマイカではバリー・ビッグスやジョン・ホルト等が歌ったマスターピース。ジョンやバリーが男の色気、哀愁を封じ込めたのに比べ、このヴァージョンはそういったいやらしさを微塵も感じさせない”
(引用元 http://www.rock-a-shacka.com/release/vol_14.html)

あははは。“そういったいやらしさ”って(笑) いやしかし、たしかにグレン・アダムズのはいい。あの男っぽさ。それはわかる。でもね、


“封じ込め”もなかなかいいもんです。



ジャケがたまらない「Mr.Biggs」はSTUDIO UPRISINGさんで
http://studio-uprising.net/blog/archives/2005/12/barry_biggs.html



You Tube --- Barry Biggs/Side Show



You Tube --- Blue Magic/Side Show

1974年。ブルー・マジックのオリジナル。




You Tube --- Barry Biggs/Work All Day



You Tube --- Barry Biggs/Lonely Girl












sika_50_50 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加