Motown

2012年10月27日

Jose Feliciano/Jose Feliciano

M8-953M1Side 1
1. I Wanna Be Where You Are
2. I Second That Emotion
3. Ain't That Perculiar
4. Let's Make Love Over The Telephone

Side 2
1. Everybody Loves Me
2. Free Me From My Freedom
3. Find Yourself
4. The Drought Is Over



■1981年の「Jose Feliciano」。ホセ・フェリシアーノとモータウンはどっちがどう気に入って手を組んだのか。どうするつもりで誰の主導でこのアルバムを作ったのか。機会があったら訊いてみたい。しばらくの間「I Wanna Be Where You Are」以外はよくないと思っていたけれど、この頃そうでもない気がしてきた。気がしてはきたが、でもスモーキー(Smokey' Robinson)の2曲「I Second That Emotion」と「Ain't That Perculiar」はやっぱりよくない。安直なアレンジが冴え渡っていてきつい。シンセの音もつらい。これだったらギター一本弾き語りのほうがよかったはずだ。いやそれを聴きたいね。「Let's Make Love Over The Telephone」はホセが書いてる。これが存外によい。たぶん“モータウンで出す”ことを意識して作ったんだろうね。しかしスティーヴィー(Stevie Wonder)が1980年に「Hotter Than July」を出していることを考えると、もう少し音、何とかならなかったのかなと惜しい。Side 2だって全部悪くない。それだけに何だか惜しいところが目立ってラクに聴けない。ん? やっぱり“「I Wanna Be Where You Are」”だけのアルバムだと言いたいのか俺は? 

■名曲中の名曲中の名曲中の名曲「I Wanna Be Where You Are」。ホセ・フェリシアーノとのこの出会いは特別に幸福。何だこの良さ。もっとスペイン語で歌ってくれ。もっとギターを弾いてくれ。もっとスキャット聴かせてくれ。はー ホセ・フェリシアーノ一度も観に行ったことないし。ビルボードライヴ東京、もう一回呼んでくれませんか。 

Youtube --- Jose Feliciano/I Wanna Be Where You Are 
 



Youtube --- Jose Feliciano/Let's Make Love Over The Telephone 





■コンピ「Free Soul: The Classic of Jose Feliciano」がよいけどね。しょっちゅう聴いてるのはこっちです。でも肝心な「I Wanna Be Where You Are」が入ってないのよ。 

amazon→ Free Soul: The Classic of Jose Feliciano


真夜中のSong Book 「Michael Jackson/I Wanna Be Where You Are.」




人気ブログランキング

sika_50_50 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月06日

Marvin Gaye & Tammi Terrell/United

united 1Side 1
1. Ain't No Mountain High Enough
2. You Got What It Takes
3. If I Could Build My Whole World Around You
4. Somethin' Stupid
5. Your Precious Love
6. Hold Me Oh My Darling

Side 2
1. Two Can Have a Party
2. Little Ole Boy, Little Ole Girl
3. If This World Were Mine
4. Sad Wedding
5. Give a Little Love
6. Oh How I Miss You

united 2■マーヴィン・ゲイとタミー・テレル、1967年のアルバム「United」。暗さのないマーヴィンはマーヴィンじゃない。と、言いたいところだが、これには敵わない。歯の浮くような言葉に興がさめないのは曲がいいだけじゃない、タミー・テレルとの相性がとにかくいい、それがあるんだろう。正気になる隙がないというか、力で押し切られてしまう。まだ聴いてなくて、これから「Ain't No Mountain High Enough」聴くというひとの体験するであろうメクルメク幸福感を想像するとちょっとニヤけてしまう。

■「Ain't No Mountain High Enough」がアシュフォード&シンプソン(Ashford & Simpson)作なのは未だに違和感がある。「Your Precious Love」は “らしい” と思うのだが。と言われても本人達も困るとは思うのだが。どちらも、目を閉じただけでなく、瞼をおさえてク〜と唸りたくなるほどの美曲。スローな「If This World Were Mine」はマーヴィン作。後のアルバム「Let's Get It On」、「Midnight Love」につながる気配が出てきている。アレンジ変えたらどちらに入れてもいい曲になる。「If I Could Build My Whole World Around You」は甘過ぎないところがまたいいんだが、これ、スリム・スミス(Slim Smith)の「Build My World Around You」の元らしいと知ったのはごく最近。



You Tube --- Marvin Gaye & Tammi Terrell/Ain't No Mountain High Enough

こんなに予定調和的なのに、何度も聴いてるのにどーしてもこみ上げてしまう曲も珍しい…。



You Tube --- Amy Winehouse/Tears Dry On Their Own

Ain't No Mountain High Enoughリディムの傑作!



You Tube --- Diana Ross/Ain't No Mountain High Enough(Alternate Mix)




Slim Smith/Early Days



ツイートしてたりヽ( ´ー`)ノ

sika_50 on Twitter




sika_50_50 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月29日

Divided Soul

マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル (P-Vine Books)


■デイヴィッド・リッツ(David Ritz)著、「Divided Soul」が読めるようになろうとは…。原著が出てからあまりにも時間が経っているので、翻訳されるなんてもう考えることもなくなっていた。つまり諦めていた。なんだか手に持っただけで感慨無量だ。ちょっと、生きててよかった感あり。吉岡正晴さん、ブルース・インターアクションズさん、ありがとう。じっくり読ませてもらいます。


「マーヴィン・ゲイ物語〜引き裂かれたソウル」
デイヴィッド・リッツ (著), 吉岡正晴 (翻訳)
出版 - ブルース・インターアクションズ





sika_50_50 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月09日

The Miracles/Do It Baby

do it babySide 1
1. Do It Baby
2. Up Again
3. Where Are You Going To My Love
4. What Is A Heart Good For
5. You Are Love

Side 2
1. Give Me Just Another Day
2. We Feel The Same
3. Calling Out Your Name
4. A Foolish Thing To Say
5. Can't Get Ready For Losing You

■気持ちとしては年に一回ぐらいはブログに載せたい、ミラクルズの「Do It Baby」。1974年、TAMLA Motown。前に載せたのが2005年11月なんだけど、読み返してみたらなんだか滅茶苦茶書いてる。こんな間違いをさらしっ放しだったのかと哀しい。リオン・ウェア(Leon Ware)作品は「What Is A Heart Good For」(Arthur“T-Boy”Rossと共作)、「Give Me Just Another Day」「Calling Out Your Name」じゃん。「Do It Baby」作ったのはリオン・ウェアではない。今の今までリオン作だと思っていた…。なんという、いい加減な耳。こんななので皆さん今後も信用しないで下さい。ああ、恥ずらかしい。「Do It Baby」、最高な曲だけど、言われてみれば確かにね…、リオン・ウェアらしくないんで。好きだファンだ言うわりにこの間違いぶり。ま、こんなことを重大な問題とする、してくれる人もそうそういないとは思うのだけれど。


You Tube --- The Miracles/Do It Baby

ありえないコスチューム。。。 しかし先輩スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)もいいけど、ビル・グリフィン(Bill Griffin)もなかなか魅力的。


You Tube --- Susan Cadogan/Nice And Easy

これ初めて聴いたときはショックでした。






以下、リオン・ウェア作3連発。謝罪。

You Tube --- The Miracles/What Is A Heart Good For

やっぱりこれ。このコード展開がリオン・ウェア。臆面もなく言いますが。



You Tube --- The Miracles/Give Me Just Another Day

やっぱりこれ! アレンジがド派手ね。



You Tube --- The Miracles/Calling Out Your Name

やっぱりこれ!! 




ウィリー・ハッチ(Willie Hutch)作の「Can't Get Ready For Losing You」も素晴らしいんだけど、ミラクルズのが見つからない。代わりにマイケル。

You Tube --- Michael Jackson/Can't Get Ready For Losing You







sika_50_50 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月05日

Smokey Robinson/Pure Smokey

pure smokey
















■なにしろスモーキーは天才なので、何度でも載せるけれども。1974年の「Pure Smokey」。いろんな意味でたまらないジャケットデザインなんだが、中身は素晴らしいです。密林だとこれのCD、690円ってふざけた値段で売ってる。このジャケでその値段じゃ、誤解されるじゃないか。どう考えても名盤なのに。

■圧巻なのは「Virgin Man」。イントロからくらくらする。全てのフレーズがセクシーっていうか。2本のギターとエレピ、ホーンがくるね。で“アィヤィヤヤヤヤヤヤヤ〜♪”。R-18だね。僕は18以降に聴いたけどそれでもただでは済まなかった(笑) 「I Am I Am」はスモーキーらしくて好きな曲。コード進行が切ない。You Tubeになくて残念だけど「Just Passing Through」も素晴らしいよ。もっかい言うけどスモーキーは天才です。ご存知かもしれませんが。



You Tube --- Smokey Robinson/Virgin Man



You Tube --- Smokey Robinson/I Am I Am



HMVさんで試聴→Smokey Robinson/Pure Smokey


密林で690円な状況→Smokey Robinson/Pure Smokey


顔ジャケプレイ→http://aisha.livedoor.biz/archives/50833574.html





sika_50_50 at 22:56|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加